get it here:
release date:

August 01, 2013

share:

¥3.000 (Tax included) CDをご希望の方は名前(フリガナ付きで)、住所、郵便番号、電話番号、枚数をお書きの上、Contactから注文して下さい。

Reborn

  • 1. #1
  • 2. Reborn
  • 3. Fears
  • 4. Dear All My Loves,
  • 5. Spend My Life With You
  • 6. Need Somebody Tonight
  • 7. Light
  • 8. If You Wanna Make It (feat. Cassandra Kubinski)
  • 9. Thankful
  • 10. Join Hands
  • 11. This Is My Love

日本語訳詞 #1 ねえベイビー どうしたの? そんな浮かない顔して もし希望が見えないそんな時も いつでも きっと君の居場所があるから 時々 人生は困難で その道がとても暗くて見えないときも 心配しないで 僕がいるよ 君に伝えたいんだ 僕の人生を変えてくれた人 君と過ごすその一瞬一瞬が 全てを輝かせる ほらいつでも描けるよ 君といるこの人生 どんなときも 僕は君の味方になるから   ※また君の笑顔が見たいんだ その笑顔が 痛みだって隠さなくていいよ 君を何よりも信じてる ほら僕の手を取って(僕は君の一番のファンだから) またその笑顔が見たいんだ その笑顔が 涙の雨をくぐり抜け 君はもっと輝けるから たとえ二人そばにいれないときも 覚えていて欲しいんだ 僕はいつだって 君の一番のファンだから 君の一番の味方だから  ねえベイビー 空を見上げて 遠く彼方から僕は歌っているよ ラララ… いつでも君を想いながら 君が何度でも 夢に挑んで行く度 道は開かれていく そして最後には そうやって生きる事の意味が分かるはずさ すべての事への信頼を失う時 僕がまた君が”信じる”ということの証明になるから "君のどこか足りてない"なんて思わないで そのままで本当に素敵だから ※Chorus Reborn 情熱が目を醒ますとき それは新しい夜明け この身体は生まれ変わる それを求める心は燃え盛り この世の果てまで進み続ける   この恐れなき心を見せつけ そう 一度目標を定めたら この闇を突き抜けて 自由の風になる    ※心のコアを斬りつけられ 蔑まれ 屈した時もあった でも今 確かに感じる ここに生まれ変わったと   プライドを掲げ そう命の鼓動を感じる あの日引き裂かれた俺は 今 生まれ変わった   あの暗雲に捕われている君が見える この延ばした手を取って 風に乗れ もうお遊びは終わり  新しい世界へ 飛び立つ時間だ   古い過去を後に残し 俺たちは見つけるだろう その心の 更にその高みで 自由の風になる ※Chorus 蔑まれ 屈した時もあった でも今 分かる 俺は生まれ変わったんだ そう 生まれ変わった… Fears 僕ら痛みと隣り合わせ 失いかけた情熱の炎 人はそれから逃げようとするけど 向き合う事を恐れないで    心の声に耳を傾けて そして見つけるだろう その内なる インスピレーションが 僕らはみんな それぞれの命の形を持った 天からの創造物   だから 誰かと同じになんてなろうとしなくていい その発想自体が そもそも間違ってる そう 自分をしっかり持てばいい   この心が感じる 想いから目をそらすな それが本当の君の扉を開く ただ一つの鍵だから   ※僕らは不安や恐れと共に歩いてる だから時に涙を見せたっていいんだ どんなときも人生は続いていく 待っていてはくれない 道は長く険しいけれど 時と共に 強さを身につけていくから そして自ずと道は見えてくる 僕らは 不安や恐れを越えていける   止まらないよ この夢を叶えるまでは 誰にも奪えない 邪魔はさせない   だから心に嘘はつかないで 真っ直ぐそのゴールだけを見据えて 痛みさえ 力に変えながら 毎時間ごと 更に強い足取りで    誰かと同じになんてなろうとしなくていい その発想自体が そもそも間違ってる そう 自分をしっかり持てばいい   この心が感じる 想いから目をそらすな それが本当の君の扉を開く ただ一つの鍵だから ※ 人生は終わらないレッスン その本質を探し続けるための  だから失う事を恐れないで 思うように生きればいい Dear All My Loves,   またね… 親愛なるみんなへ 寂しくなるよ 別れの言葉伝える時 いつだって 涙が溢れそうになる   でも行かなきゃ この思い出と共に だってまだ僕らは 長い旅の途中   ※僕は走り続ける 止めどなく流れる河のように 君がいつも僕の心の中にいるから 僕は強くなれるんだ またこぼれる様な笑顔で 会えるよね 君がどこにいたって 心で繋がってる "また会おうね" そしていつも心で一緒にいることを 思い浮かべてるよ 毎日ね   親愛なるみんなへ 会いたいよ うまくいかない時 来た道を振り返っては 戻ってしまいたくなる そんな日もあるよ でも引き返したって きっとまた道に迷う事になるだけ それよりこの先のもっと明るい未来を 信じて行きたいから   ※ 君の声が遠く離れても あのメロディーはいつも僕のそばにある 希望を失いそうな時 この歌を口ずさめば 一緒に歌う君の声が 聞こえてくるよ ※ Spend My Life With You   朝の光の中 君のいた場所だけが冷たくて 静寂が壁にこだまする そのぬくもりに手を伸ばしてみても うまくいかなくて あの君と過ごした思い出が フラッシュバックして 僕の心の中で散らばってる どうやって元に戻せばいいんだろう 僕らがサヨナラをしてから どこに行っても 探してしまうのは 君の面影ばかりなんだ *太陽は君なしでも昇って 夜空の星たちも君なしで瞬いてる 季節も通り過ぎてく でも、 そんな日々を君と生きたいんだ 今も痛みの中にいても 君なしで 笑えてる そして時は流れてく でも、 そんな日々を君と過ごしたいんだ 二人が一緒にいたとき 僕らの心は一つだと信じてた でも日々のすれ違いの中 僕らの距離は少しずつ遠くなった 日々が 年月が経つほどに 君と笑い合った日々 僕の心の中 輝きを増してく 僕らがサヨナラをしてから どこに行っても 君の代わりなんていないって 想いが駆け巡る * 太陽は君なしでも昇って 夜空の星たちも君なしで瞬いてる 季節も通り過ぎてく でも、やっぱり君を 忘れることなんて できないよ 決して… どうしても君が必要なんだよ * Need Somebody Tonight    ※今夜 誰かそばにいてほしいんだ また一人になるの? 今夜 本当に誰かにいてほしいんだ 一人でいたくないよ…   誰かその"一人"になってくれないか この夜を一緒に過ごしてくれないか このビートに自分を紛らわせて ストロボの光がこの不安を隠してくれる    みんなが踊り出す LEDライトが回りだす クラブではみんながノってるのに この心は助けを叫んでる   ※   ※※心の叫びよ! Yeah!×12 times 誰か気付いてくれるのか 一緒にしてくれるのか ヘネシーで流し込んだ感情 今こそみせてやる みんなが踊り出す LEDライトが回りだす クラブではみんながノってるのに まだこの心は不完全なまま ※ ※※ 悲しみと痛みのビートの中で またその先に光を探す もし家に誰もいないのなら フロアに駆け出して行くよ ※※ Yeah!×24 times Light 光がコートに差し 大歓声が聞こえる 僕が決めたウィニングプレイで ゲームは幕を閉じた   厳しいトレーニングの日々 降りしきる雨の中を駆け抜け これまでのすべての痛みが  僕をここまで連れて来たんだ   ※僕が望んだように 行きて行くんだ そしてもうじき彼らは見るだろう あの激しく打たれながらも戦った少年が 擦りむいた傷を拭いて 更に挑んで行くのを   …ブラインドが光を遮り 肩の辺りに 誰かが叩くの感じた ふと気付くと レポートは高く積み上がり デスクワークに追われる日々   どこで間違ったのか 僕が見てたのはこんな未来じゃなかった もっともっと眩しい日々が来るはずと 夢見てたのに   ※※そう人生は 時に非情に見せる 君の作ったプランなど 月日が経てば何の意味もなくなるものだと 君は戦士のように 人生の言う名の戦場を行く   振り返れば どこか間違っていたんじゃないかって 思ってしまう瞬間がある でもそんな時にこそ  また前に踏み出せるチャンスがある   ※※   ※ この世に生きる限り 僕の価値を証明するチャンスは必ず来る そして やり遂げる   光がコートに差し 大歓声が聞こえる… If You Wanna Make It そう君は言った 誰かのインスピレーションになりたいって 君は言った この世界が変わるのを見たいって それを実現するためにここに来たんだろう そのヴィジョンと情熱を持ち合わせて   でも時々 不安がこの道を閉ざして 僕の前に立ちはだかる 僕が歌う言葉を 誰も聞いてくれないんじゃないかって   ※止まっちゃダメだ そのエネルギーを見つけなきゃ このニューヨークシティみたいに光輝きたいなら 夢は大きく 決して屈しない ごまかさない  もし実現したいなら 止まっちゃダメだ 恐れずにリスクを取れ 中途半端にはやらない あきらめない 夢は大きく 決して屈しない ごまかさない  そう実現したいなら 夢を現実にしたいなら…   誰かの心を動かしたいなら 口だけじゃなく 街に出て その足で繰り出すんだ 夢はいつも 君を試してる "ここでやめるの?それとも全てを懸けてやってみるの?"って   誰かが言う "君は間違ってる それじゃ不十分 見当はずれだって" そんな奴には そのヴォリューム上げて 光り輝き返してやれ    ※   誰がなんて言ったって もし実現したいなら 自分を信じるんだ 絶対やれるって もし夢を現実にしたいなら… ※ Thankful いつか あの過去を取り戻そうとしてた すべてが今も続いているかのように思いながら 突然その日はくるかも知れないんだ 僕らが一緒にいれなくなる日が   だから僕はもうあの時の様な生き方はしたくない もう後悔はしたくないんだ 今なら分かる なによりも大切な人を失った痛みが 一言の言葉さえなく 今はもう届く事もない   ※感謝の気持ちを伝えたいんだ いてくれて本当にありがとうって もう同じ過ちは犯したくない だから今ここで もうためらったりなんかしないよ いつもありがとう そばにいてくれて ずっとこの先も大切にするから 約束するよ…     いつか 彼女は永遠にいるものだと思ってた でもある日 彼女は遠くへ行ってしまった   僕はもうあの時の様な生き方はしたくない もう後悔はしたくないんだ   だって今なら分かるから なによりも大切な人を失った痛みが 一言の言葉さえなくて 今はもう届く事もないんだ   ※   本当にありがとう 愛してるよ Join Hands 日夜 あまりにもたくさんの悲しみと苦しみが 世界中で生まれてる 彼らを見るたび  この心は 痛みでいっぱいになる 無力な自分を感じながら ※いつも君のそばには 誰かがいて 希望は手に届かないなんてことはなく じっと泣いているだけの時間はもういらない いつもそこには愛を感じる瞬間がある 君がすべきなのは その心を開いて 君の周りで 困っている人がいたら 手を差し伸べてあげる事 ※※手をつなごう さあみんなここで集まって "心と心を開いて" そんな風にしながら  手をつなごう そして変えていこう 僕らは共に助け合うには 君が必要なんだ   もし君が強がって 何でもない様な振りをしてるなら そんな事をしなくても大丈夫だよ  いつでも僕の肩を貸すから 一緒に乗り越えて行こう   ※ ※※ この悲しみと苦しみで満ちた世界で 人々が感じる痛みは 本当に君をどうにかしそうになる 彼らの心は 日々のしかかる問題を越えて自由に空を飛びたがってる 終わりのない孤独と紛争 この人生で  僕らは全ての手持ちのデバイスを使い  光を求めて 這い上がる でもそれは僕らが一人を感じる時 途方もなく感じられ 僕らは家からどれだけ 遠くまで離れて来たことすら分からなくなってる 全ては競争だ 僕らはしのぎを削り 少しずつ忘れて行く 愛こそが一番のミッションだということを 友がそばに立ってくれるかも知れない でも確信はない 彼らの協力さえ 本当の救いになるどうか  もし僕らが ただ僕らの心はいつも同じなんだって覚えていれば 助けを受け入れる事はできるはずだ 恥だなんて思わずに 立ち上がれ うまく意思の疎通が出来ないときも このメッセージを心に留めて 決して遅すぎるなんて事はないから 友よ 僕らの戦いは一人では勝ち目はない でもそれでいいんだ 僕らは 王座奪回のために戦ってるんじゃない 共に立ち この友情は闇に向かって光を放ち 僕らは一つになり 誰かに一筋の希望を照らすだろう もし君の心が その愛をこの誓いの中に感じるならば この歌で 僕らの想いの方へ 君を連れてくよ ※※ This Is My Love 6歳くらいの時からだったか いつも君と一緒に歩んで来た 友達であり 家族のような いつも一緒に過ごす時間は 希望の音が聞こえてた   歌を教えてくれた 僕らしくいること 自分を好きになることも 道が暗くて 不確かな時も いつも家路を照らしてくれてた ※誰も君の代わりになんてなれないから そう誰も 誰もこんな気持ちにさせてくれることなんてないから そう君以外誰も   ※※これが僕の気持ち これが僕の これが僕の気持ち これが君への気持ちなんだ   僕の前を 幾多のさよならが駆け抜けて行き 君は今も僕のそばにいて 時が過ぎるたび 僕も君も大きくなって 無理しないでいい 君は何でも知ってるからね   雨の日には 君は傘になり 嵐の日には 僕を守る盾になる どこにいても いつでも どんな時も   たとえ僕が 間違いを犯した時も 避難するかわりに 優しく包み込んでくれ あの空に恋いこがれるとき 君は僕に翼をくれる あの高い山を越え なんて美しい眺めだ 人生は時に酷く冷たく でも君への信頼はいつも心に 決して僕を離れず 輝きを増すだけさ その強さを持ち続けながら 僕の旅は続いて行く どんな事が立ちはだかろうとも 君が僕を更なる高みへ… ※ 失うものなんてない 全てのことは人生の身になっていくもの 恐れることなんてない それは僕の頭の中だけのことさ その心の歪みのあとに 熱い想いは残る 顔を上げて ゴールは定まった どんなに困難に思えても 君が僕の中に生き続ける限り 乗り越えて行ける すべてを君と…   ※   ※※